2012年シーズン開幕~IndyCarシリーズ

F-1から遅れること1週間、IndyCarシリーズの2012年シーズンも開幕しました。

昨年最終戦で悲劇的な事故で亡くなったダン・ウェルドンが開発に携わっていた今シーズン用の新しいマシンDW12。
昨年までのホンダ1社供給から、ターボエンジン採用とホンダ、シボレー、ロータスによる3社供給体制となったエンジン。
レースを構成する大きな要素である、シャシーとエンジンの刷新、それから燃料タンク容量が昨年までと比べ小さくなった事から、2012年シーズンは、レースの展開・戦略面で昨年までとは一味違ったレースが期待出来そうです。

さて、去年のサンパウロで、あわや優勝と言う走りや、2度のポール獲得など、今シーズンに期待のかかる琢磨は、名門と言っていいRLLRへ移籍し、3年目のIndyCarシリーズを迎えます。

そんな新しい環境下で迎えた2012年開幕戦、セント・ピーターズバーグ。
プラクティスの走りだしから今ひとつ調子があがらなかった琢磨は、決勝日朝の走行で、全体2位と息を吹き返し、決勝に期待が高まりました。
そして決勝では、3ストップ戦略を選択、途中11周ラップリーダーになるなど好結果が見えてきた矢先、ギアチェンジ出来なくなり、残念ながらリタイアとなってしまいました。
琢磨がリタイアした時点で、同じ3ストップ戦略で琢磨の後ろを走っていたR.ブリスコーが5位になったことから、トラブル無く走りきっていれば、その順位あたりでフィニッシュ出来ていた可能性は高いですね、あくまでも「たれれば」ですが。

IndyCarシリーズは、ピットストップし燃料給油を行う事が前提となっていて、ある意味燃費レースの要素があり、今年燃料タンク容量が小さくなった事で、琢磨曰くオールグリーンだと1レース2ストップ戦略は厳しい、と言う事らしいので、今年は昨年までよりもレース戦略が重要になってきそうです。
去年在籍したKVRとは違い、RLLRはレース戦略にも長けていそうなので、メカニカルトラブルが無く琢磨が頑張れば良い結果が期待出来そうです。
そして、今週末は2週連続となるバーバーでのレース、琢磨の走りに期待しましょう。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。