2012年シーズン開幕~F-1

F-1の2012年シーズンが開幕。フライアウェイでの2週連続連戦が既に終わりましたね。

今年は、車両規定が変更になった事を受け、まず外観で変化が大きいのが、巷で評判の「醜い」段差付きフロントノーズ。
Tボーンクラッシュ時のドライバー保護が目的で、まぁ安全面の強化なので致し方ない、とは言え、本当に「醜い」です^^;

それと、もう一点大きな変更は、去年一昨年と色々物議をかもしたブローディフューザーが禁止となったこと。
これも、持つ者と持たざる者との差が大きかったので、まぁある意味納得の変更ですかね。
ただ、ブローディフューザーを利用していたチームは、この変更により失ったダウンフォースを取り戻そうと、知恵を絞りあれやこれや手を打ってきています。
規定のグレーゾーン(があるのか?)をついた、と思われる様なエキゾーストパイプの設置を行って来ているチーム(ザウバーや銀組など)もあり、今後も各チームあの手この手で、仕掛けを考えてくるでしょう。

さて、開幕2連戦の結果は、去年までの覇者RBRが、車両規定変更の影響か、去年までのアドバンテージが失われている様に見えたこと(この先、どの様に挽回するのか、が逆に見ものだけど)、ウィンターテストで「やっちゃったかも?」(例年の様なコンサバ路線ではなく、かなり攻めたマシンを作ってきた、ので、新しいコンセプトが思惑とは違い外れている?)なフェラーリの、案の定芳しくない状況、ルノー改めLotusの好調、メルセデスも、あれやこれやの手を使い(DRS連動?のFダクトなど上手くグレーゾーンをついてきた?)結構良さそうなこと、それから、「もしかしたら、今年は良いところにいけるんじゃない?」と思われる古豪?ウィリアムズの意外な(笑)好調な事ですかね(まだまだ開幕直後、しかもフライアウェイ戦なので、これで確定したわけではないけれど)。

で、開幕2戦で不調に喘ぐ(特に予選)フェラーリだけど、オーストラリアで5位、マレーシアで何と優勝!(天候変化に助けられた、とも、上手く利用出来た、とも言える)と言う結果に。
これは正に望外とも言える結果で、アロンソの腕だけで、もぎ取った結果と言えるでしょう。この開幕2連戦で、アロンソと言うドライバーの凄さを、再確認させられた感じです。マレーシアでビクトリーサークルに戻り、マシンを降りた時の、まだ戦闘モードそのものと言った感じのアロンソの「闘う眼」が印象的でした。

さて、最後に可夢偉、ですが、今年は上で書いたLotusやウィリアムズ、そしてトロロッソとの順位争いが熾烈になりそうで、頑張ってもらいたいしマシン的には良さそうなんだけど、チーフエンジニアが離脱したり、相変わらずの慢性的な資金不足で(マレーシアのペレス2位で新しいスポンサーがついてくれたら嬉しいけれど)1年間通しての継続的開発が厳しいと言うマイナス面もあり、上位チームが調子を上げてくる前の序盤戦で、どれだけ結果が残せるか、が例年にも増してポイントになりそうです。
で、マレーシア。
何と、可夢偉のチームメイト、ペレスが(天候変化にも助けられたけど)あわや優勝か、と言う2位表彰台に。
可夢偉はオーストラリアこそ6位入賞したけど、マレーシアではチームの戦略ミス?もあり低迷し結局リタイア。今後チーム内での立場が危うくならなっければいいけどね。
因みに、そのペレス。開幕後から「マッサに替わりフェラーリ入りか?」と言う噂が出ていますね。当然、両チームとも否定はしているけれど(ザウバーのP.ザウバーは「ペレスはいずれチームを出ていくかも」みたいな発言をしたとかしないとか)、何が起こっても不思議ではないF-1の世界、さてどうなるでしょう?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。