FC2ブログ

アブダビGP決勝

アブダビGP決勝。

予選で2位、3位につけた銀組が、ポールのセバをかわして優勝出来るかどうかの最大のポイントはスタートと見られていたけれど、セバが見事なスタートを決め、3~4車身の差をつけて1コーナーを抜けていきました。
しかし、2コーナーに差し掛かる直前、右リアタイヤがパンクし挙動を乱してコースアウト!
その後、何とかピットまでは辿り着いたものの、右リアのドラムまで破損していたため、残念ながらリタイア第1号になってしまいました。

トップの座は労せずしてハミちゃんとなり、オープニングラップで2位にジャンプアップしたアロンソに3秒前後の差をつけての走行となりました。
その後方、3位争いはKERSが働かなくなったバトン、マッサ、ウェバー3台で一時熾烈を極めていましたが、2回目のピットインで、ピットアウトしようとした時に侵入してきた後続車との間隔を気にし過ぎてピットからのリリースが遅れたウェーバーが脱落。
KERSが働かなかったバトンも、KERSが復活してペースが回復、マッサとの差を広げ3位の座を確かなものに。
これで、もう1回ピットインが必要なウェバーに対して、4位の座は安泰と思われたマッサだったけれど、終盤に痛恨のスピンを喫し、ウェバーにその座を明け渡してしまいました。
マッサは次のブラジルでも表彰台を逃すと、かなり久々に、1年間表彰台に乗れなかったフェラーリドライバーと言う不名誉な記録を作ってしまいそうです^^;

結局レースはそのまま進み、ハミちゃんが優勝。2位には、このアブダビのトロフィーを唯一持っていなかったアロンソが入り、3位は途中KERSが働かなくなったバトンが入りました。
ウェバーが4位に終わったため、去年の韓国GP以来久し振りに、レッドブルが表彰台を逃しました。

可夢偉は、予選こそ16位に終わったものの、レースペースは良く中団のバトルを制し10位でポイントをゲットしました。

次は、長かった2011年シーズン最終戦、ブラジルです。どんなレースになるでしょうか?
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。